忍者ブログ
ハーレー・HARLEY DAVIDSON
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

走りの上質はエンジンからだけではなく、強化されたブレーキからも感じられる。


ツーリング用のアクセサリーを装備するツーリングファミリー08年型で注目すべきは、

新しく電子制御スロットルが採用されたことである。

このモトGPマシン譲りの先端技術は、

ヤマハR1とR6、アプリリアのシヴァーにも投入されているが、

この最先端メカを、H-Dのこのようなモデルに採用するとは意外でもあるし、

その効果に疑問を持たないわけでもないのだが、

これが走りをしっかり洗練させているのだから驚きだ。

あくまでもスムーズに加速し、

ラフなスロットルワークにも大柄でフル装備の重い車体の挙動が乱れることがない。

スロットルを一気に開けてみると、

そのときはスロットルバルブがじんわりと

最適状態で開かれていくのが伝わってくるかのようでもある。

だからと言って、ダルに感じられることはない。

排ガスや騒音規制対策でも有利な電子制御スロットルだが、

走りが一際、上質になった印象なのだ。

 そればかりか、強化されたフロントブレーキも扱いやすく、

止まり曲がり走ることが高水準に洗練されている。

なお、このロードキングはフェアリングがハンドルマウントされているのだが、

フレームマウントのFLHXストリートグライドのほうが、

フェアリングの重さがハンドリングに影響を与えることもなく、

扱いやすかったことも付け加えておきたい。

 一昔前のツーリングファミリーのモデルが

アメリカの荒れた道を走る馬車のようだとしたら、

この最新型は高級リムジンのようだ。

それだけに、鼓動感が広大な土地にもこだまするかのような

味わいがより引き立って感じられる


ハーレーダビッドソン FLHRロードキングの基本情報、スペック
寸法・重量
全身/全幅/全高mm 2380/990/1425
ホイールベースmm 1610
最低地上高mm 130
シート高mm 693
乾燥重量kg 345
キャスター度 26度
トレールmm 157.5
エンジン・性能
種類 空冷4ストV型2気筒
弁形式 OHV2バルブ
内径×行程mm 95.3×111.1
総排気量cc 1584
圧縮比 9.2:1
最高出力kW/rpm --
最大トルクN・m/rpm 118/2500
燃料供給方式 電子制御燃料噴射
点火/始動方式 フルトランジスタ/セル
燃料タンク容量L 15.5
トランスミッション形式:6速リターン
1速/2速/3速/4速/5速/6速 3.34/2.30/1.72/1.41/1.17/1.00
1次減速比/2次減速比 -/-
サスペンション
--
--
ブレーキ
ダブルディスク
シングルディスク
タイヤ
MT90.B16 72H
MU85.B16 77H
価格
標準現金価格 255万7000円(ツートン258万8000円)

ツーリングファミリーのFLHRロードキング。この他にホワイトウォールタイヤ&スポークホイールによるクラシカルなスタイリングのロードキング・クラシックもラインナップされている。




標準装備の大型ウインドスクリーンがクラシカルな雰囲気を醸し出している。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[04/27 ピース]
[02/11 希望]
[10/07 NONAME]
[10/07 NONAME]
[10/06 NONAME]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析

Copyright © [ ハーレー ] All rights reserved.
Special Template : Design up blog and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]