忍者ブログ
ハーレー・HARLEY DAVIDSON
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



08モデルではスイングアームやフレームが改良され、ワイドなタイヤに剛性がバランスして、ナチュラルなハンドリングが戻ってきた。
リヤショックをエンジン下に設置し、

リヤリジット風クラシカルフォルムの

ソフテイル(リジット風ながらテイルはソフトというわけ)ファミリーにあって、

ファットボーイは日本でも人気の一台である。

スタイリングは典型的なクルーザースタイルで、

絞られたハンドルグリップが腰元まで伸び、

背筋が伸びたライディングポジションは、

体格も問わないのだ。

このハーレーダビッドソン FLSTFファットボーイは、

昨07年型で、タイヤサイズが昔ながらの前後16インチから、

リヤ200サイズの17インチワイドラジアルになった。

でも、そのことでハンドリングのバランスを崩したことが気になっていた。

でも、この08年型はスイングアームフレームが改良され、

剛性バランスを改善、素直なハンドリングを取り戻している。

ワイドタイアらしい安定感の中で、腰で操っていくことにできるのだ。

 前後16インチのFLSTNソフテイルデラックスにも、

この新しい車体が使われているのだが、こちらもますます洗練されている。

伝統的な切れのあるハンドリングを望む向きにはそちらがお薦めである。

 ソフテイルは、伝統的なスタイリングを守る意味もあって、

エンジンはリジットマウントされ、

振動に対処してエンジンにはバランサー軸が装備されている。

昨07年型で、ソフテイルも含め、

ビッグツインは排気量がストロークアップによって1450ccから1584ccに拡大されている。

機関車のような鼓動感をダイレクトに感じ、駆っていくことができるのだ。


ハーレーダビッドソン FLSTFファットボーイの基本情報、スペック
寸法・重量
全身/全幅/全高mm 2396/995/1130
ホイールベースmm 1638
最低地上高mm 130
シート高mm 645
乾燥重量kg 330
キャスター度 32度
トレールmm 147.3mm
エンジン・性能
種類 空冷4スト45度V型2気筒
弁形式 OHV2バルブ
内径×行程mm 95.3×111.1
総排気量cc 1584
圧縮比 9.2
最高出力kW/rpm --
最大トルクN・m/rpm 110/2750
燃料供給方式 電子制御燃料噴射
点火/始動方式 --
燃料タンク容量L 15.5
トランスミッション形式:6速リターン
1速/2速/3速/4速/5速/6速 3.34/2.30/1.72/1.41/1.17/1.00
1次減速比/2次減速比 -/-
サスペンション
--
--
ブレーキ
ディスク
ディスク
タイヤ
140/75R-17V
200/55-R17 78V
価格
標準現金価格 227万1000円




クラシカルなフォルムが人気のソフテイルファミリー。一見リジッド風だがリアサスが組み込まれ、ソフトな乗り心地を確保している。




リアサスペンションを巧みに配したソフテイルファミリー。このファットボーイの他に5モデルが用意されている。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» ダビッドソンのリンク集
ダビッドソンのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。
URL 2007/11/03(Sat)00:47
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[04/27 ピース]
[02/11 希望]
[10/07 NONAME]
[10/07 NONAME]
[10/06 NONAME]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析

Copyright © [ ハーレー ] All rights reserved.
Special Template : Design up blog and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]